2016年4月4日

カテゴリ:ゲーム攻略

【クラロワ攻略】建物デッキ必勝戦術指南

SuperSell社の最新作「クラッシュロワイヤル」、
本作はシンプルながら多彩な戦略が組める
対戦型タワーディフェンスゲームとなっています。
本記事ではいくつもある戦術の中でも際物と言える
「建築ユニットデッキ」について紹介していきます!

再生

【クラロワ攻略】建物デッキ必勝戦術指南|OPENREC.tv

【建築デッキ】レシピ紹介

本作には「移動ができず、射程範囲内の
ユニットに攻撃のみを行う」建築ユニットが複数存在します。

通常のユニットとの差異は「移動ができない」ということとなっており、
基本的には「防衛施設」としての運用が主となっています。

しかしその建築ユニットの中には2種類「自陣から相手タワーに攻撃が可能な」攻城兵器と
言って差し支えのないユニットが存在しており、それが「巨大クロスボウ」と「迫撃砲」の2枚です。

なので、建築デッキでは必然的にこのどちらかを攻め手として用い、
その他のカードで攻城兵器を守る…という構成になります。

さて前置きはこの辺にして…筆者オススメの建築デッキを紹介しちゃいましょう。

cannon
大砲
inferno_tower
インフェルノタワー
mortar
迫撃砲
tesla
テスラ
skeletons
スケルトン
arrows
矢の雨
rocket
ロケット
fireball
ファイアボール

建築・呪文以外のカードは「スケルトン」のみ刺しています。
「ゴブリン」でも可ですが、これは「プリンス」や
「巨大スケルトン」、「P.E.K.K.A」対策として用意しています。

もし「巨大クロスボウ」を持っていて、運用したい場合は「迫撃砲」と入れ替えましょう。

建築デッキの運用方法

先述しましたが、建築デッキの攻め手は「迫撃砲」か「巨大クロスボウ」のみとなります。

しかし、「迫撃砲」や「巨大クロスボウ」は非常に設置時間が長いため、
素出ししても簡単に壊されてしまうという弱点があります。
なので基本的には「相手の攻めをいなして、返す刀で相手のタワーを狙う」という、
いわゆるカウンターを意識した運用を行う必要があります。

上記の建築デッキは非常に守りが強力で、「ジャイアント」などの
耐久力の高いユニットは「インフェルノタワー」があり、
空中ユニットは「テスラ」、地上ユニットには「大砲」がコストも安く、
かつきっちりと仕事をしてくれます。

「プリンス」が辛いところですが、
こちらには先述の「スケルトン」か「ゴブリン」で対応しましょう。
「大砲」もセットで出せれば余裕で返せるはずです。

「ボムタワー」を採用していないため、
「バーバリアン」の処理に難儀するようであれば「ファイアーボール」を打ち込みましょう。

「ロケット」の使い方ですが、「迫撃砲」や「巨大クロスボウ」を用いた戦術ですと、
1ゲーム中に壊せるタワーはどちらか片方のクラウンタワー一つが限界ですので、
最後のダメ押しに非常に役に立ちます。
もちろん、緊急時は攻めてきている相手のユニットに対して打ち込んでしまってもオーケーです。

建築デッキの天敵「フリーズ」対策

freezeフリーズ

どうしても建築ユニットが密集してしまう本デッキは、「フリーズ」が非常に辛いです。

こちらの攻め手も基本的にゆっくりとした物であるため、
相手のエリクサー状況も余裕がある場合が多く、
「フリーズ」のエリクサーを確保されやすくもあります。

そのための緊急策として「ファイアーボール」や「ロケット」が用意されているのですが、
いかんせん着弾までに時間がかかるため、迅速な判断が要求されます。

どうあがいても辛いものは辛い「フリーズ」なのですが、
建築ユニットを設置する場所を工夫することで被害を抑える事はできます。

その設置方法ですが…
「狙われてるタワーの前(左側のタワーなら真ん前ではなく、
少し左にずらして設置、右側なら右側へ少しずらす)」と
「自陣中央」に防衛用のタワーを分けて、
「中央」の建築ユニットを「フリーズ」から守る事です。

基本的にクラウンタワーを巻き込むように発動してくるはずですので、
隣接させている建築ユニットを巻き込もうとした場合、
中央にある建築ユニットは効果の範囲外となります。

本デッキは「1つのタワーのみ破壊を狙う」デッキですので、
こちらのタワーを1本渡した時点で致命傷となります。
なので、相手の攻撃がタワーに届きそうな場合は
「大砲」や「テスラ」をタワーの正面に設置し、壁として使いましょう。
よくある「ホグライダー+フリーズ」も辛いところですが、
「フリーズ」を見てから「スケルトン」を召喚するなど工夫して被害を抑えていきましょう。

再生

【クラロワ攻略】エメラルドとゴールドの稼ぎ方【金策実況】|OPENREC.tv

じつはなかなかに強い「建築デッキ」。
「ぜったいに 割らせちゃならぬ 自陣タワー」、
「ちくちくと 削って壊そう 相手タワー」そんな二つの標語を
頭に入れて運用していきましょう。

トドメの「ロケット」はなかなかに気持ちがいいので、
ぜひ一度組んでみてください!
本記事で皆様のクラロワライフがより楽しい物になれば幸いです。
では!

 

OPENREC.tv

いいなと思ったらシェア