2016年4月5日

カテゴリ:ゲーム攻略
12,950 view

【クラロワ攻略】低コストデッキ戦術で勝率アップ!

SuperSell社の最新作「クラッシュロワイヤル」。
対戦型タワーディフェンスゲームである本作では、
カード8枚からなるデッキを作成し、対戦に臨みます。
本記事では「低コスト」カードのみを使った、
いわゆる「低コストデッキ」の運用方法と、その対策方法を紹介していきます。

再生

【クラロワ攻略】低コストデッキ戦法【必勝戦術】|OPENREC.tv

「低コストデッキレシピ」紹介

かつてえらい人が仰っていた通り、「数は力」という訳で、
それはクラッシュロワイヤルの世界でも当てはまります。
その言葉に乗っかった訳ではありませんが、
「低コスト」の弱いユニットをわらわらと召喚してみたら強いんじゃないか?
と思い試してみると…。

これが意外にも強かったんですね。
安物ユニット達がわらわらと群がり進軍していきました。
ユニットがどれも安いので、対応力抜群。

デッキレシピを紹介する前に、まず「低コスト」のカードを見て行きましょう。

カード一覧でコストが低いユニットを探してみますと、
1コストの「スケルトン」、2コストの「ゴブリン」、「槍ゴブリン」と
いったように、「弱いユニットを複数体召喚する」カードが
非常に多くなっております。

そのため「低コストデッキ」は必然的に、
「数の暴力」を以て相手を制圧するデッキとなるでしょう。

「スケルトン」や「ゴブリン」を低コストと侮るなかれ、
彼らは攻撃面を見ると非常に優れており、
低コストデッキの運用方法であれば、
一度の攻めでタワー破壊することだってできます。

いずれのユニットも「ものすごく脆い」という点はたまに傷ですが…
まあそこは運用方法でカバーしていきましょう。
というかカバーしないと勝てませんが、逆に言えば
カバーできれば勝てちゃいます。そんなデッキです。

前ふりが長くなってしまいましたが、「低コストデッキ」のレシピがこちら。

knight
ナイト
skeletons
スケルトン
goblins
ゴブリン
spear_goblins
槍ゴブリン
archers
アーチャー
bomber
ボンバー
minions
ガーゴイル
cannon
大砲

 

次の項目では上記デッキの運用方法について触れて行きます。

ナイトを先頭にわらわらわらわら

まず初手、基本的にはカウンターで
相手の手を見てから出すユニットを選びます。

エリクサーが余るような状況であれば橋の前に
「槍ゴブリン」、「ゴブリン」を召喚して相手の手札消費を促しましょう。

相手の手札に安いユニットで対応、残ったユニットの前に
「ナイト」を出し、進軍するというのが本デッキの
基本的な攻め手となります。
エリクサーに余裕があれば「ボンバー」、「アーチャー」を追加しましょう。

「大砲」についてですが、こちらは「ホグライダー」や
「エアバルーン」といったユニットのターゲットを取り、
タワーの損傷を防ぐために使いたいので、基本的に手札にキープします。

本デッキはどちらかというと防御に秀でたデッキで、
攻撃面は弱い部分があります。その弱い点については後述しますが、
「ナイト」を壁にした攻め手が通らなそうであれば、その反対側に
「ゴブリン」+「ガーゴイル」を出すという奇襲的な攻撃方法もあります。

これは「矢の雨」で一掃されてしまう攻め手ですが、
通れば大きなダメージをタワーに通すことができます。
相手の手札を意識し、「矢の雨」を切った後などに用いると良いでしょう。

「低コストデッキ」の対策・対処法

基本的には「相手の攻めをより安いユニットで返し、
そのままカウンター」というのが「低コストデッキ」の運用方法であり、
勝ち筋となっている訳ですが…
その前提である「相手の攻めをより安いユニットで返す」部分が難しい天敵が存在します。

それが「ベビードラゴン」、「ウィザード」、「アイスウィザード」、「プリンセス」の4枚です。

「ベビードラゴン」は空中ユニットかつ耐久力も高いユニットで、
上記のデッキであれば「アーチャー」か「槍ゴブリン」で攻撃するしかないのですが、
ベビードラゴンは厄介な事に範囲攻撃持ちなので、
直接殴り合うと一方的にやられてしまいます。
本デッキの天敵と言っても過言ではありません。

「ウィザード」も同様に強力な範囲攻撃ユニットです。
こちらの攻め手が「ウィザード」1枚で凌がれるという事も珍しくありません。

「アイスウィザード」、「プリンセス」はそもそもレアリティが高く、
あまり使われることのないカードですが、はっきり申し上げますと…

“相性最悪”です。

コストが3と安く、その上で範囲攻撃持ちで、
「アイスウィザード」はHPも多く、「プリンセス」は長距離射程…
天敵どころの騒ぎではないので、この2枚のカードを出された場合は、
もうそれまでに作った状況をすべて諦め、反対側の道で戦いましょう。

上記4枚を編成していないデッキで「低コストデッキ」を相手する場合は、
「一度の攻めにエリクサーを消費しすぎない」ように運用し、
相手のカウンターに呑まれないように注意してゲームを進めて行きましょう。
エリクサーを使いすぎた状態でカウンターを受けると
そのままタワーを壊されかねないので、要注意です。

再生

【クラロワ攻略】エメラルドとゴールドの稼ぎ方【金策実況】|OPENREC.tv

ぽんぽんとユニットを出せる「低コストデッキ」には独特の面白さがあります。
相手を牽制し、生まれた隙に渾身のカウンターを刺す
アウトボクシングのような戦法はなかなかに面白いので、
ぜひ一度組んでみてくださいね。
本記事で皆様のクラロワライフがより楽しい物になれば幸いです。
では!

OPENREC.tv

いいなと思ったらシェア