2018年5月23日

カテゴリ:お知らせ

「ストリートファイターV」のトップ選手総勢18名を迎え、タイトル史上世界初のチーム戦、賞金総額1,000万円のオールスターリーグを始動!~ときど選手、ネモ選手、もけ選手、板橋ザンギエフ選手、藤村(ゆかどん)選手、ウメハラ選手がチームリーダーに~

RAGEリーグ第二弾として、株式会社カプコンが提供する「ストリートファイターVアーケードエディション」を採用し、タイトル史上世界初のチーム戦、賞金総額1,000万円の『RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』の開催を発表します。

『RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』は”カプコンカップ2017”の日本人出場選手の上位6名、ときど選手(準優勝)、ネモ選手(3位)、もけ選手(4位)、板橋ザンギエフ選手(5位タイ)、藤村(ゆかどん)選手(5位タイ)、ウメハラ選手(7位タイ)がリーダーとなり、計6チームで行われる世界最高峰のリーグ戦です。試合数は6チームによる総当たり戦を2回実施し、計30試合が行われます。リーグ戦終了後、上位3チームによるGRAND FINALSを行い、『RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』の優勝チームを決定いたします。

本リーグは、6名のトップ選手自らが、チームの編成を行います。チームの編成は国内最大級のeスポーツスタジオ「OPENREC STUDIO」にて“ドラフト方式”で行われ、その模様をAbemaTVの「ウルトラゲームスチャンネル」ならびにOPENREC.TVで5月31日(木)に放送いたします。

チームは3人1組、総勢18名の選手が本リーグに参加いたします。ドラフト方式はチームリーダー6名が順番に希望選手を1名ずつ指名し、指名選手が重複した場合には、くじ引きにてチームを決定いたします。

また、リーグの開幕戦は6月5日(火)を予定しており、OPENREC.tvならびにAbemaTVにて放送致します。

当社は『RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』を通して、日本におけるeスポーツの認知拡大を図り、市場発展に向けたeスポーツコミュニティの活性化を目指してまいります。

チームリーダー選手からのコメント
ときど選手

すごく面白い試みが出てきたなーって素直に感心しました。

今、僕達がまわっているプロツアー(カプコンプロツアー)は全部個人戦の大会でして、その裏側では、

仲良し同士で集まって対戦したりとか、密な連携を組んで、個人戦に臨んでいます。今回はチーム戦、しかもドラフトということで、自分で選ぶことができるのですが、これはモチベーションにもなりますし、すごく面白いものになるんだろうなと感じています。

・ネモ選手

自分は昔、チーム戦でみんな一丸となって、予選を通じて決勝大会の優勝を目指すということをやっていたので、すごく懐かしい気分になりましたね。あの時、みんなで地方に遠征して、優勝を目指すのが凄く楽しかったので格闘ゲームを続けられたんじゃないかなと思っています。最近は個人戦が多く、賞金が高くなってきたので、個人で頑張るっていう機会が多かったんですけど、久々にチーム戦をやるのは凄く面白いし、楽しみだなという気持ちになりました。昔は名誉の為だけでしたが、今は賞金が高くなってますし、この時代にチーム戦をやるとどうなるのかなというのは凄く楽しみですね。

・もけ選手

今回チーム戦の企画にお呼び頂いた時に、僕自身、チーム戦はすごく好きなので、光栄だなと思いました。その上で、格闘ゲームってシステム自体も一対一で戦うジャンルになっていて個人戦が多いのですが、実際大会とかでチーム戦をやってみると、チームの味方を応援できるところは一体感、戦略性が重要で、個人戦にはないところまで至るのかなと思います。今回珍しくチーム戦の大会が行われるっていうのは新しい戦略、新しい姿が見られるのではないかなと期待しています。

・板橋ザンギエフ選手

普段は個人戦なので孤高の戦いになるんですが、チーム戦だと皆で悔しい、皆で嬉しいというのが出てくるので、今回の大規模なオールスターリーグはすごく楽しみです。10 年ほど前の話になってしまうのですが、昔はチーム戦が結構主流で、チームの為に格闘ゲームをやるという機会はたくさんあったので、その感覚を思い出します。チーム戦ならではの戦略や、キレが良くなるプレイヤー、逆にすごく固くなってしまうプレイヤーなど、チームの特色が出てくると思うので、個人戦にはないバトルシーンが見れるんじゃないかなと思います。

・藤村(ゆかどん)選手

今回、オールスターということで、チームでのリーグ戦をやるのは初めてなので、それぞれが誰を選ぶのかが気になっています。また、個人の評価や、どういうチームを組んで挑めば有利なのかという戦術面も色々考えることが多いと思います。他の人と指名選手が被った場合は、選びたかった選手が選べない場合も出てくると思うので、ここを含めて、誰を選んで行くのか、指名の段階から楽しめる所が、今回のオールスターリーグは見所だと思います。

・ウメハラ選手

プロ活動をずっとやってきた中で、格闘ゲームって一人じゃないですか。チーム戦のゲームは練習がすごく大変だと思うのですが、勝った時に分かち合ったりとか、負けた時にアレが良くなかったねとか、一人じゃない、孤独じゃない感じがあるから、それは前々から羨ましいと思っていました。

このオールスターリーグが終わったら敵同士に戻ってしまうんですが、真剣勝負であり、日頃味わえない癒しの時間といいますか、楽しく大会に望める、珍しい、貴重な機会だと思うので、今回オールスターリーグに出場できてすごく嬉しく、ありがたいと思っています。

■「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』開催概要

<ドラフト放送予定日>

【開催期間】5月31日(木) 20:00-

【開催場所】OPENREC STUDIO

【MC】辻よしなり、八田亜矢子

【実況・解説】歌広場淳、なない、大和

【31日番組出演選手】ときど選手、ネモ選手、板橋ザンギエフ選手、藤村(ゆかどん)選手、ウメハラ選手

【放送チャンネル】

AbemaTV:https://abema.tv/channels/ultra-games/slots/F2KW5EZ7W5AKKV

OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/live/Th5RgaokIth

【公式サイト】https://rage-esports.jp/league/sfv/

 

■「RAGE」とは

「RAGE(レイジ)」とは、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」です。これまで、Super Evil Megacorp社の提供するモバイルゲーム「Vainglory」、株式会社カプコンの提供する「ストリートファイターV」、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの提供するサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2017」、株式会社Cygamesの提供する「Shadowverse」を競技タイトルとして採用しています。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げます。

 

■「AbemaTV」とは

「AbemaTV」は、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で、“インターネットテレビ局”として展開する動画配信事業です。オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルをすべて無料で提供。スマートフォンはもちろん、PCのほか、タブレットなど様々な端末で、テレビを観るような感覚で利用することができます。

 

■「OPENREC.TV」とは

「OPENREC.TV」は、CyberZが運営する、ゲーム実況やオリジナル番組、eスポーツ大会の配信が楽しめる、ゲーム動画プラットフォームです。国内最大級のeスポーツスタジオを完備した「OPENREC STUDIO」を2018年に都内にオープンいたしました。

 

■ CyberZについて  http://cyber-z.co.jp/

スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.TV」やゲーム攻略wiki「GAMY」(https://gamy.jp)を運営しており、2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

 

■株式会社カプコンについて

1983年の創業以来、ゲームエンタ-テインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として、「バイオハザード」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「モンスターハンター」、「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。

本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港および韓国に海外子会社があります。

http://www.capcom.co.jp/

 

■ストリートファイターVについて

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4,000万本(2018年3月末日時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立し、登場から30年経た今なお世界中で人気を博しており、eスポーツにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。「ストリートファイター」シリーズ史上初の、「PlayStation®4」ユーザーとPCユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。 http://www.capcom.co.jp/sfv/

©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

OPENREC.tv

いいなと思ったらシェア